2015年11月台湾、台北旅行

台北一人旅9「金年華三温暖へ初めて行ってきた」

投稿日:2016-02-27 更新日:

にほんブログ村 大人の生活ブログ 中国・中華圏ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
ランキングの応援よろしくです!!!

 

前日は完全に賢者だったのですが、さすがにそんな持ちません。
ということで昼食後は「三温暖」(サウナ)に行く事にしました。

台北市にはいくつか”そんな”サウナがあって今回は是非行こうと思い事前にチェックをしていました。

・喜都SPA三温暖

・亞太三温暖

・金年華三温暖

・太子城健康SPA生活館

・天龍三温暖

ざっとリストアップ!意外といろいろあるのね( ̄∇ ̄*)

その中から!初!台北サウナってことで日本のエロ紳士達の間でも一番有名な

 

「金年華三温暖」

 

へ行ってみる事にしました。
距離的にも食後の散歩がてらちょうどいい位というのもありましたし。。

先ほどの食事処からゆっくり歩いて25分程

見えてきました。台北の中心地にある楽園!!!

金年華三温暖へ突入!

階段を降り靴を脱いでフロントへ
ロッカーの鍵を受け取りそのまま右奥へ進みます。

そこで服を全て脱いで浴場へ。(ロッカーの鍵はこちらが持っている物と係員の持っている鍵とで二重ロック)

 

浴場の入り口付近には無料のシェーバー、歯ブラシ、タオルがあります。

身体を洗って浴槽にドボン、昼の時間だった為他の客がほとんどおらずほぼ貸し切り状態でした。

他にも打ち湯、薬草風呂、水風呂、サウナに薬草サウナ等ありました。

ゆっくりして身体も綺麗にしたら出口(入り口とは別、奥にあります)→休憩室へ。間にはバスタオル、浴衣があります!!

休憩室に行ったら早速おばはんが近づいてきて

スペシャルマッサージ!

マッサージ?

と聞いてきました。

 

おーー、これこれ(*´σー`)

 

一旦座ってコーラでも飲みたかったのですが、このチャンスを逃すまいとおばはんに内容を色々確認。

若いコはいるか?とかチェンジOKか?とか
確認してGOサイン!

そのまま連れられて、エレベーターで上(多分)へ。

ほぼ真っ暗の部屋にとおされて

 

ここで待っててちょうだい

 

と言われました。

一見ホテルの一室のよう
入って直ぐ左手にはトイレとお風呂。
しかし暗い・・・家庭の豆電よりも暗くて暗順応できて追いつかないレベル。

部屋にはマッサージベッドと普通のベッドがありました。

10分程待ったでしょうか、ノックされたのでドアを・・・

 

細身ですが、出るとこでてる歳は20台後半位〜
遊井亮子風(古っ)

 

暗くてちゃんとは見えませんでしたが一発で決めちゃいました。

 

よろしくおねがいします

 

浴衣を脱いで(全裸)マッサージベッドにうつぶせに寝かされ、その上にバスタオル。

全身マッサージを約45分程、けっこうちゃんとしたマッサージでした!

 

途中からローションマッサージになり、なんかその辺に手が触れて・・・
あとはご想像にお任せします。

ひととおり終わって一緒にシャワーへ行きヌルヌルを流してもらい終了。

話した時の柔らかいアタリとまさかの凄いテクニック、すべてが最高。
まじ優良嬢でした。

 

 

一緒に部屋を出て下に降りて別れ。
休憩室でコーラ(無料)を飲んで、睡眠室へ。

二段ベッドの部屋とリクライニングチェアの部屋に分かれています。
リクライニング〜の方には大きなビジョンが2つあり片方は映画、もう片方は日本の無修正ポルノが流れていました。

 

これいいのか(ノ▼ο▼)ノ???

 

 

周りには豪快にいびきをかいているおじさまもいましたがw
そこで昼寝ZZZ

料金は?

目覚めてもう一度お風呂を浴びて、ロッカールームへ。
身支度をして、フロントで鍵を返して料金、NT$4200を支払います。

これは宿泊(というか滞在)+スペシャルの値段です。

滞在のみなら料金はNT$600です。

お会計をしている間にきちんと靴を出してくれてますw
地上へ

IMG_4215

 

クリスマスツリーが・・・そんな季節でしたね。

 

 



海外には安心を持って行こう。 男である事の証明!

-2015年11月台湾、台北旅行


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です