2016年3月香港、マカオに男だらけの旅行

2016年3月香港、マカオ旅行8「霧のビクトリアピーク」

投稿日:2016-09-11 更新日:

にほんブログ村 大人の生活ブログ 中国・中華圏ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
ランキングの応援よろしくです!!!

随分間が空いてしまいました・・・(;´▽`“

色々と忙しくて手が付けられず。。。早くこの香港・マカオ旅行記を完結させたいと思います!


ピンポンマンション「香檳大廈B座」を出た我々は世界でも指折りの1,000,000$の夜景を観るためにビクトリアピークに向かいます。

佐敦(ジョーダン)からMTRに乗り金鐘(アドミラリティ)で降り歩いて約15分程、途中坂道がなかなかキツいのでタクシーをお勧めしますwww

 

ピークトラム乗り場は超激混み!!!!

img_4772

チケットを買うのに20分程。

img_4773

チケットは往復で40HK$
運行は時間は7am~12pm

後から気づいたのですが、オクトパスカードでも乗れたそう。
時間がもったいなかったですΣ(|||▽||| )

ま、記念のチケット代ってことでw

 

 

目の前にはここからさらに乗るまでの超ぶっとくて長い列が・・・( ̄□ ̄;)!!

改札を通って待つ事1時間以上・・・

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-10-35-26

大分近づいてきました。
あともう少し!

乗るまで約90分かかりました。

そして乗り込んだ車内も

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-10-38-19

なかなかナイスな混雑具合w

ですがこの先に待っている世界的な夜景に胸を踊らせながらトラムはぐんぐん上昇していきました。

山頂駅に到着し、駅に接続するピークタワーへ。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-10-41-37

いきなりお土産コーナーw

購入への導線を全く考えられていないところが逆に異国らしくてほっこりしてしまいます。

軽くスルーしこのピークタワー頂上へ向かいます!
くるくる廻るエスカレーター

img_4774

途中ブルース・リーとの2ショットを楽しむS氏

氏はこのブルース・リーの服を買うか本気で悩んでいましたね。

img_4775

カラフルに彩られたエスカレーターをひたすら上昇しとうとう頂上へ。

 

 

まずは1,000,000$の夜景をご覧下さい。

 

 

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-10-52-35

 

高層ビル群の摩天楼はどうですか!?

 

 

なんと空が曇っていて霧がかかり夜景が全く見えませんでした。

ちなみに本来ならば

victoria1-1000

出典:yakei.jp

このように見えるはずだったのですが・・・Σ( ̄Д ̄;)

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-10-54-57

先に見えるカップルの男性は何も見えないのにも関わらず、望遠鏡を覗く→彼女にも見せる→二人で発狂!

というあまりのショックに錯乱状態でした。(我々も)

 

この場にいればいる程悲しみが倍増しそうだったのでさっさとタワー内に戻り泣きながらお土産屋を散策。

もうヤケクソになっていた我々はお土産をみる気にもあまりなれず・・・
この後どうしようか!?

という話になりました。
お腹も空いたし・・・ご飯でも!
の前にやはり男4人IN香港!!

ピンポンマンションいこっか?

という流れにwwww

先ほど行った「香檳大廈B座」

から約3時間、「香檳大廈B座」で完全敗北し、ここでも夜景にも華麗にフラれたかちんこに残されたココロの行き場はもうピンポンマンションしかないと本能的に感じてしまったのです。

それはもう皆同じ気持ちなようで話してみると即納得のみんなでGO!

しかし再びピークトラムに長時間待って乗る元気もないのでピークタワーから外に出て、野良タクシーをキャッチ!

タクシーに乗り込み行き先を「銅鑼湾站(こーずうぇい)方面」と告げ霧の山頂を後にしました。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-11-39-06

もう少しぐらいボッたくられても気にしません。荒い運転も気にしません。
心はすでに○○○モンスターですから。

そして向かうは「富士大廈」!

せっかく香港島にきたのでこのビクトリアピークも割と近い「富士大廈」へ行く事にしました。

なんせ香港では先ほど行った「香檳大廈B座」と双璧をなす2大141(ピンポンマンション)と言われているくらいですから行かないわけには行きません。

 

先ほどタクシーに「銅鑼湾駅(こーずうぇい)方面」と言いましたがこの「富士大廈」の場所は位置的に「銅鑼湾駅」と「湾仔駅(わんちゃい)」のちょうど間辺りにあります。

 

 

タクシーに乗りながらiPhoneで地図を確認しながらちょうど軒尼詩道(ヘネシーロード)を行くタクシーを「富士大廈」近くで止めてもらいとうとうたどり着きました。

やってきました。

この怪しい輝き、間違いなく僕らのオアシスがここにあるはず・・・・

 


海外には安心を持って行こう。 男である事の証明!

-2016年3月香港、マカオに男だらけの旅行


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です