【2016/12台湾】亜太サウナ(亞太桑拿)に行くもまさかの・・・⑤

本日最後の目的地、『亜太サウナ』。
台北の2大○○サウナとしても有名なこちら(笑)
前に台北に来たときには金年華サウナに行ったので今回はこちらへ行ってみることにしました!

金年華三温暖へ初訪問!カードで楽ちん大人遊び!台北一人旅9
前日は完全に賢者だったのですが、さすがにそんな持ちません。 ということで昼食後は「三温暖」(サウナ)に行く事にしました。 台北市にはいくつか”そんな”サウナがあって今回は是非行こうと思い事前にチェックをしていました。 ・喜都S...

亜太サウナへ到着

ここは南京復興站(なんきんふっこう駅)と台北小巨蛋站(たいぺいしょうきょたん駅)のちょうど中間あたりの大きな通り(南京東路三段)沿いにある微風南京デパート15階にあります。

そしてココは”男の夢(わかるでしょ!)が詰まった楽園”であるとも言われる台湾・台北市内でも大型のサウナです。
今回は入浴+宿泊そして大人の+αを確認しにやってきました。

 

辿り着いたのが夜22:00頃、デパートはすでに閉店していましたが上に昇るエレベーターは使えるのでそれに乗って

エレベーターは分かりにくいですが、デパート内のものを使います。

亜太サウナ・カード

15階を目指して上昇。

エレベーターが開くと、そこには楽園と呼ぶににふさわしい中世ヨーロッパ風のエントランス。
こんな施設がマジでデパートの上にあるのね(笑)

亜太サウナ・エントランス

「よくぞやってきてくれました!」

と言わんばかりの雰囲気でお出迎えしてくれます。

亜太サウナに潜入!

フロントで靴を脱ぎロッカーの鍵を受け取ってロッカールームへ!
料金は後清算なのであっさりでフロントを通過しますw

 

亜太サウナ・ロッカー

ロッカールームにはあまり人がいなかったので

「空いているのかな?」

と言う感じ。
さくさく服を脱ぎ大浴場へ!

亜太サウナ・お風呂

お風呂を楽しんでいる”おじさん達”(かちんこもですが)が結構いました。

ってかとにかく広いですね。

しかし!!!

水風呂が冷たすぎ!!!

そして

お風呂が熱すぎ!!!

 

その間のちょうどいいくらいの「いい湯」がないんです(汗)

 

 

仕方ないのでまずは身体をシャワーで軽く流し、サウナへ!

熱さはふつー!
しばらく汗をかいてからまるでプールの様にどでかい水風呂へ。

 

ちょうど人がいなかったので少しだけ泳いだりしてみましたよ。

 

亜太サウナ・風呂は神殿風お風呂も中世の雰囲気(笑)

カラダを洗ったりひととおり”すること”を済ませて

休憩室へ!

大浴場の出口にはバスタオル&浴衣があるのでそこで着替え、その先のドレスルームで頭を乾かしたり身だしなみをととのえて・・・・と。

 

さらにその先にはだだっ広い休憩室があります。

亜太サウナ・休憩所

 

これまたかなーり広い休憩室ですね。

かちんこはタバコを吸いませんが、喫煙者のためのスペースもきちんとありました

休憩室内にはWifiが飛んでいてスマホやノートパソコンを使ってる人までいましたよwww
電源もあるので便利!)

オレンジジュースやコーラそしてスプライト、お茶などの飲み物があり、セルフですが無料
カウンターから持ってきます。

食べ物やアルコールのメニューは、料金表が机の上にあります。
麺類やチャーハン、定食など大体200~300TW$くらいでした。
こちらもお会計は最後なのでご安心を。

 

事前情報ではここでのんびりしていると女性従業員に声をかけられ・・・

 

 

ということでしたが、一向にその気配がありません(汗)

 

 

 

ってかそんなオバハンなんて全く見当たらないのですがヾ(゚0゚*)ノアレアレー?

 

壁が回り裏側へ!
そして夢のような世界が繰り広げられて・・・むふふ。

 

という忍者屋敷バリの仕掛け扉があると聞いていたので楽しみにしていたのですが、待ってみてもやはり全く気配なし。

 

これ以上待っていても何もなさそうだし、わざわざ従業員さんに確認するのも”アレ”なので、1度ロッカールームに戻りパソコンやスマホ&タブレットなどをフルセット持ち込みジュース片手に電脳遊戯することに。

気持ちを切り替えしばし一人遊び(次の日の為の情報収集)

 

 

しばらくしたら眠くなってきたので

睡眠区へ

休憩室から続く通路から階段をのぼり睡眠区へ

亜太サウナ・悪の階段

なんかちょいちょい”中世”の雰囲気を出してくるんですよねw

 

そのまま進み

ベッドがあると言われる方へ向かいます。しかしこのフロアもものすごく広い!
人がいない(かなり少ない)上にかなり暗いのでちょっと怖いです。

亜太サウナ・睡眠区

 

その先にあるのがこのような二段ベッド!
これまたかなりの数がありこの日は二割りくらいしか埋まってなかったんじゃないかな!?

という感じでした。

良さげな場所を陣取りkindleで読書してたら眠くなってきたので、おやすみなさいzzzz

 

 

後から聞いたら

最近台湾のサウナでは『ガサ入れ』がちょいちょいあるらしく”そういう”サービスが行われない時もけっこうあるらしい

とのおはなし。これは運がなかった、という事でしょう、うぅ残念。。

 

 

朝がやってきました。

再び大浴場へ行き、身だしなみを整えフロントへ行きお会計!

700TW$(日本円でおよそ¥2500)でした。(12時間まで滞在可・カード払いも可能です!)

 

その気マンマンで来たのですがまさかの敗退(クヤシイィ)。
将来のリベンジを誓い『亜太サウナ』を後にしました。

↓宿泊はサウナじゃなくってホテルがオススメな理由も↓

台北の夜遊びにおすすめなコスパがいいホテル!遊び方別に紹介!
台湾、そして台北といえば観光地として不動の人気を誇るエリア。 日本から飛行機で3〜4時間ほどでアクセスが良いこと、親日国でありで人々が優しいことでも知られています。 しかし! こと夜遊びとなると話は別。 様々な要因からソコま...

コメント

  1. Take より:

    先ほど書き込みましたが、書き込まれてないですかね?

    • かちんこ より:

      はじめまして!書き込みは↑が初のようです。
      もしよろしければもう一度お試し下さい!

  2. HAGEN より:

    9月初めに台湾に行き、旅行の後半に亜太サウナさんを利用させていただきました。
    亜太サウナさんは、他のサイトでの評価が高くてとても期待したのですが、実際はただ広いだけでがっかりでした。洗い場は、座る所や洗面器がヌルヌルして汚れており、定期的にきちんと掃除しているのかと疑問に思いましたし、シャンプーの容器の表示が消えていて内容物がわからなく、他の館内の案内や注意書きが手書きで非常にわかりにくいです。寝れる場所は休憩室のすぐ後ろのMTVと、上の階のMTVと廊下奥の二段ベッド地帯ですが、広いのできちんと掃除・洗濯されて管理されているのか疑問に思います。通路にある地図から左側の一番奥はVIPルーム(SPMをする場所)だと思われますが、その手前のたくさんある二段ベッドは、誰もいなくて衛生的に心配で、何かが出そうで怖くて、とても寝れる場所とは思えません。自分は上の階に上ってすぐのMTVルームで寝ました。MTVルームはほとんど映像が流れていませんでした。
    SPMの誘いが、がつがつと積極すぎて、逆に萎えます。最初の風呂と寝る場所の衛生面の観点からもSPMを利用したいとは思えませんでした。
    スマホの充電もフロントに預けないと出来なさそうなので、サービス面もどうかと思います。
    プールだけは立派だと思います。あと、靴は帰る時にきれいにされていたので(有料で代金に含まれている)良いとは思いました。
    台北市内のサウナは 天龍、金年華、亜太 と3件行きましたが、現状だとSPM抜きで、衛生面とサービスで評価すると 天龍サウナ がこの中では一番良い方だと自分は感じております。2番手は金年華ですかね。
    次回は 喜都サウナ に行ってみたいと思っています。

トップへ戻る