スカルノハッタ空港からジャカルタ市内へ!空港内でやることまとめ。バンコク・ジャカルタの旅⑤

ドンムアンで飛行機に乗り込み3時間半(といっても飛行中は完全に寝てたけど・・・)、インドネシアはスカルノハッタ国際空港に到着しました。

初めてなので何をどうすりゃいいのか・・・

そんな我々の空港到着からからタクシーに乗り込むまでを〜!

スカルノ ハッタ国際空港に到着

ガチ寝していたのでフライトは一瞬でした( ˘ω˘ )スヤァ…

この時点ではインドネシア感というか、なにか特別な雰囲気はなく。
バスに乗って空港ビルへ!

次は入国審査。

入国は特に問題なくできましたね。

以前はビザ取得の必要があったそうですが、現在は特にそれもなく入国カードもありませんでした。(廃止されたそう)

ただ、タイよりも入国審査官の目つきが怖い・・・

 

ですが特になにも突っ込まれる事もなく無事入国。

荷物はバックパック一個なので回転寿司エリアはスルー!

入国ゲートを抜けてまず思ったのは

被ってる人が多い!!!!

ってこと。
いやいや、女性の話です。

イスラム教の国なのでヒジャブを被っている女性が多いのに驚きました。
インドネシアは国民の9割近くがイスラム教信者なんですって(゚o゚〃)━━━!!!

小さい子供からおばあちゃんまでヒジャブ率高ー。

 

そしてあくまで感覚的なものですが、タイよりも顔立ちが南アジアというか西アジアっぽい気がしました。
何ていうんだろ、より色や作りが濃いって感じ。

 

入国したらすること

入国ゲートを出たらまっすぐ一本道になっています。
そこをまっすぐ進むだけで必要なものが全て何とかなりますwww

simを変える

ってかそんなことよりまずやらなきゃいけないのが通信!

かちんこはあらかじめ用意していたsimに入れ替えて難なく通信できました!

↑こちらを使いました。
(これなら入国前にもセッティングできるw)

通信スピードの方は”早い!”とは言えませんが、LINEやwebブラウジングする分には全く問題ありませんでしたね。
インドネシア観光や、アジアを数カ国周遊するならこのsimが1枚あれば済んじゃいます、ホントこれだけでいいんじゃないかな(タイ以外ね)!?

 

同行のBBは現地で買うとのことで

空港内のショップでsimを購入。
1週間使用可能のものは日本円で¥2,000ほどだったそうです。
他にもプランがあったみたいですが、大体は1週間のプランで問題ないはず!

どうやらジャカルタ市内で購入するともっと安いみたいなんですが、そこまでが不安ですからね。。
なのでジャカルタでsimフリーの携帯で通信するには

  • 自分でセッティング可能であればsim2fly
  • とにかく安く!というなら市内まで我慢
  • 安心の空港で購入

このどれかでしょうかね。

場所は説明するまでもありませんw
入国したところにある一本道を歩いていると壁側に見えてきます!!!

次は両替

これもsim売り場近くにあります。

換えたい額の現金とパスポートを出すだけ!
ココに限らず渡されたお金は必ずその場で確認しましょう。

故意なのか、ミスなのか、稀にお金が足りない時があります。(多いことはまずありえ無い)
特に問題ありませんね( ̄Λ ̄)ゞ

 

レートに関してはやはり市内よりも空港は若干よくないそうですが、そんなに気にするほどでもなさそうなので、ある程度まとめて替えちゃいました。

ケタがおっきくてとんでもない枚数がくるので

「わしゃ富豪か?」

と勘違い気分を一瞬味わえます。

あ、それとお財布がパンパンになるので、別の財布を用意することをオススメします。


チェーンも付いているので町歩きの際のスリ被害防止にもいいです!

タクシーを捕まえる

これであとは街に行くだけ!

とにかくまっすぐ進むと

タクシー乗り場の表示が。
ジャカルタ市内方面へはタクシー移動が基本だそうで、そのタクシーもブルーバードタクシーじゃないとまずボッタクられるんですって。
(何て恐ろしい国なんだ・・・)

この表示の通り建物から表に出て進むと。

ブルーバードタクシーの乗り場があります。

この表示が目印です!

ちなみに

 

「ブルーバードタクシーはこっちだよ!」

といって声をかけてきて違うタクシーに乗せようとしてくる輩もいるのでマジ注意!

 

ホテルなどの行き先はスマホの画面(地図)を見せるとぜんぜん大丈夫!
何にも問題ありませんでした。

もっと色々面倒かと思っていたので拍子抜けwww

タクシーに乗り込み市内へ向かいます。

初のインドネシアに実はちょいビビっていたものの、ここまでは特にトラブルもなくスムーズにいけましたね。

車中ではすでに夜遊びのシミュレーションw
まずはスパかなぁ!?それともトラベル?クラシック?とかとかwww

期待と不安を胸に南国のハイウェイを爆走しビッグシティ、ジャカルタのホテルへ向かいます。

コメント

トップへ戻る