両替してご飯を食べたらエルミタ・マラテでKTV&Laカフェ遊び!

マニラにやってきた我々。
バクラランマーケット下着を購入&ぷち観光してからタクシーでホテルへ。

荷物を置いて一旦落ち着いたらエルミタ・マラテの夜遊びへGO!

エルミタの『EDZEN』で両替

ひと休憩してちょっぴり元気をチャージ。

リヴィエラマンションホテルを出てまずは両替えに向かいます。

ホテルを出てマビニ通りを歩くと・・・

 

暗い!

ネットでこの辺りは散々危険だの何だの言われていたのでかなりビビリながら歩いていたのですが、確かに雰囲気は良くない感じでしたね。

この通りはまだいいけど、ここからさらに一本細い横道に入ると確かに”ヤラれそう”な雰囲気です。

 

遊ぶためにお金を両替をしなくてはいけないのですが、この辺りで一番レートがいいと言われる両替所『EDZEN』や『Sheeha』に行くにはそんな事言ってられませんからね。

無事『EDZEN』に到着し両替。
付近は一応人通りはあるもののなんだかガラが悪そうなお兄さんやおっちゃんばっか。。

一人だったらあんまり歩きたくないなぁ、という感じですね。

実際夜この辺で両替をした途端ホールドアップに遭ったって人もいたし(ちなみに1人でいたんですって)。。

 

両替が終わってかちんこと一緒のS-SHITはご飯を成田からまともに食べていなかったので食事に行くことに。

この辺は飲食店がある(他にはコンビニKTVやカジノ)のですがすでに閉まっちゃってるお店も多かったんですよね。

カウボーイズグリルでゴハン

歩いていると『ジョリビー』が近くにあったんですが、フィリピンに着いて1食目に行くのも嫌だったので流石にPASS。

そこで向かったのがカウボーイズグリル

両替した場所から徒歩5分程のところにあります。

入り口ではガードマンによるセキュリティチェックがあるんですが、かなり雑。
我々は見るからにローカルじゃないし安全そう、って判断されたのかな!?

んまぁいいや(笑)

 

カウボーイズグリルは音楽を楽しみながら飲食できる”ライブレストラン”って感じのお店。

中に入るとテンガロンハットを被ったカウボーイスタイルの専属ウエイトレスがお客に付き、テーブルまで案内してくれます。
席につくと

オーダーは私に言って頂戴!

と言ってメニューを置いて去っていきました。
なかなかな塩対応は旅先だと逆に心地よかったりもします(笑)

バンドがずーっと演奏していてかなり騒がしい店内。
空席がちょこちょこありましたが、そこそこ盛り上がっていました。

 

やってきた氷の入ったジョッキにサンミゲルを入れ乾杯し

シシグ(豚の耳や皮などを、しょうゆ、やお酢、ニンニク、唐辛子で炒めたフィリピン料理)や

ピザや

これは何か忘れた・・・。

野菜とシーフードのグリルみたいなやつ。。

を食べました。

一番美味しかったのがシシグ!!!

この旅でその後何度も食べたほど衝撃的な出会いでしたね。
ビールとも合うし、ご飯の上にのせても絶対美味しいやつ。

 

肝心の音楽は知らない曲&でかすぎる音量で正直うーん・・・。

食事をし、程よく飲んだらチェック。

お会計は大体日本円で3,000円くらいでした。

おそらく現地の物価を考えたらちょっと高いんじゃないかな?
と思うのですが、なかなか美味かったので良し!

 

お腹が満たされてほろ酔いになったおっさん2人。

そうなると次の目的は”ソッチ”に(笑)

 

カウボーイグリルからホテルの方向には有名な援交カフェ『Laカフェ(ベイカフェ)』があるので寄ってみることに

Laカフェ(ベイカフェ)に突入

店内は2フロアありました。
1・2階共にどでかい音量で音楽が流れています♪

バンコクで言うところの”テーメーカフェみたい!”って聞いていたんだけど、雰囲気はずいぶん違いますね。
あちらはさっさと選んで外出する雰囲気ですが(飲んだり食べたりしてもいいけど)、ココはお店で飲食したり、ビリヤードをしている欧米人男性も!


その時の動画です↑

男女入り乱れて楽しく飲んでいる東アジア人軍団(おそらく韓国人)もいましたね。

↑の写真の見た通り、一見『フツーのバー』って感じでしょ!?

店内を歩いていると暇そうなピーナちゃんはこっちに熱視線を向けてきますがよくよく見るとおばちゃん・・・(汗)
気に入ったコがいたらこっちから積極的に声をかけたほうが良さそうですね。

 

辺りを見ると巨漢の白人男性は膝にピーナちゃんを乗っけてデレデレしながらサンミゲルを飲み楽しそう!
でもピーナちゃんはちょいオバxxx(汗)

全体的には欧米人が多かったですが、日本人や韓国人もまぁまぁいましたね。

 

男性客の年齢層は30〜60歳って感じかな?

女性客(ムフフ)はというと、若いコもたまーーにいたけど全体的に年齢層は高めでしたね。

ちなみにショートのお値段は
直接交渉で最低2000ペソ〜3500ペソmore+お店の飲食代金+ホテル(お部屋)ですって。
時間帯やレベルによって変わるみたい。・ふっかけられる事もあるので注意しましょう!
・日本語で話しかけてくるコはなかなか手ごわいです(笑)
もしあなたがお一人で、席を離れる際はドリンクも持っていきましょう!
変なのを盛られる事も無きにしもあらず(ここは危険な地域であることを忘れずに)。

 

時間も時間(22時くらい)だからなのかとっても混んでいました。
いいコは早々に連れ出されちゃったのかな?

1杯くらいは飲もうかな〜!と思って入店しましたが、レベルがイマイチ&席がなかったのでぐるっとひと回りして退店しました。

24時間営業ってことみたいだから今度はもう少し混んでなさそうな時間に来てみようかなと。

 

ココは確かに遊ぶお値段はそんなに高くはないけど、みんなフリーランスってことで美人局やお金の抜き取りなども多いようなので注意してください!

あと付近は深夜の独り歩きはちょっと危ない雰囲気
もしひとりでここからホテルに帰る際はお店の前にいるタクシーを使ったほうがよいかと思います。(ちゃんと値段交渉もしてね)

Laカフェ(ベイカフェ)を出ると道を挟んで向かいには2号店が!
しかし、このてのお店はもういいや!ってことでスルー、夜道はかなり暗く雰囲気はよろしくない感じですが、男2人ってことで歩いてマラテ方面に行ってみることに。

 

途中”Lv×Supreme”のパチもんのお財布を売るお兄さんに捕まったり。。
やはりこの辺はなかなかヤバいです(笑)

マラテでKTV遊び

Laカフェからホテルの方向へフラフラ歩いているとマラテ方面には

こんな感じや

こんなふうにいっぱいKTVがありました。
お店の前を通ると

イラッしゃおませ〜!

と女の子が日本語で声をかけて来るのと同時にキャッチのお兄さんが近寄ってきます。

そんでもってお店のシステムの説明と強力な売り込み。

何件か話を聞いてみたら店によって値段は若干違うけど、なんとなーく相場が分かってきた!

1セットが90分飲放題、指名料とレディースドリンク1杯で合計1100PHPに税金12%
ってお店が多かったです。

延長はだいたいどこも1時間単位ですって。。

 

しかし結局どこのお店が良いのかよくわからなかったのでホテルのすぐ近くにある『無限∞』というお店に入ってみました。

席に通されたらまずはショーアップ(お店の女の子を呼んで並んでもらう事)をボーイさんに要請!

お客さんに付いていないコ10人くらいが集まってきました。
そこでかちんこは

かちんこ
かちんこ

日本語話せる人〜?

と聞き、手を挙げたコの中で一番笑顔を向けてくれたコを指名しましたヾ(~∇~;)

 

愛想で選んだのでノリもよく優しいコでした。

時間内にレディースドリンクのオカワリをネダラれ+1杯、そのかわりに力いっぱいセク○ラ(笑)

するとどうでしょう、90分はあっという間に過ぎてしまいました(゚ー゚)(。_。)

お会計はワンセット遊んで日本円で一人およそ4,000円ほどという感じ。

 

現在もその時に付いたコとLINEしてるのは内緒です・・・。

 

ちなみに我々が行った『無限』は大衆店ですが、周辺には”高級店”と言われるKTVも存在している様子。

お店が綺麗で嬢のレベル、そして接客のレベルも高いのだそうでお値段は総額で大衆店の1.5倍くらいでした。

ホテルへ戻って

お店を出てコンビニ寄り、飲み物を買ってホテルに帰り反省会。

この日のホテルは同行のS-SHITとツインルームだし、翌朝は早い!
ってことで延長はしませんでしたが、ガッツリ延長したら多分イケたかなと強がるかちんこ(o^∇^o)ノ(自意識過剰)

 

移動もあって疲れたのでテッペン過ぎには夢の中へ〜。

 

はぁ、つかれたzzzz

 

エルミタ・マラテの夜遊びにぴったりなおすすめホテルをエリア別に紹介!
”危険なイメージ”があるフィリピンの夜・・・。 夜遊びするならその辺がどうしても気になっちゃいますよね!? ですがエルミタ・マラテにはktv(カラオケ)や出会いカフェ(Laカフェ)などのナイトスポットがたくさんあり夜遊びには非常...
マニラ行きの航空券を最安値で購入する方法は?6サービスを比較した!
フィリピンのマニラに行く際”ほぼ”必ずといっていいほど利用する飛行機! 旅の費用の中でも大きなウェイトを占める航空運賃を安く済ませればその分リッチに遊べるということでソコをなんとか安く抑えたい! と思うハズです。 そこで実...

フィリピン旅行には必須!!!

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました